悪徳業者が行う手抜き工事の実態

悪徳業者の手抜き工事

せっかく外壁塗装をするのに悪徳業者に引っかかりたくないですよね。その多くが知識不足による隙を狙ったものです。

知識不足で言うと振込詐欺も同じです。相手が騙す会話パターンを知り、家庭内ルールを前もって作ることで未然に防ぐことができます。

これと同じで外壁塗装も知識を得れば、カンタンに騙されることは少なくなります。

悪徳業者が行う手抜き工事には傾向がある

やはり実際に工事を行うので、手抜きができるポイントというのは決まっています。

明らかな色ムラを残して「塗装が終わりました!」とは、言ってきません。確実にクレームになって指摘されますので。

騙す業者の多くは外壁塗装、屋根塗装の知識がない私達の弱みをついてきます。ここでは下地処理の時点で判断できる手抜き工事のポイントを記載します。

ケレンの手を抜く

ケレンとは、サビを徹底的に防ぐために必要な作業です。屋根や壁、雨戸、鉄部分の荒れた塗装面を綺麗に清掃し塗装をしやすくします。作業としてはとても地味で、手作業でシャリシャリと汚れや凹凸を落としていきます。

悪徳業者はこの作業を集中して行わず、工事日程を短縮するのです。外壁塗装の基礎となるケレンをしないと塗装がしっかり接着しないので、剥がれる原因になります。

ずさんな下地処理をする

ひび割れの補修、シーリングの交換、壁面の凹凸補修などの下地処理を適当に行い、そのまま塗装する業者がいます。とくにひび割れの補修は塗装することで隠れてしまうので、ヘアークラック(髪の毛のような細かいひび)は補修すらせずにそのまま塗装する場合もあります。

前もってひび割れ、シーリングの傷み、壁面の凹凸の箇所を把握し、しっかりと補修がされているか確認するようにしましょう。

見積りにある塗装回数より少なく行う

見積りの中で外壁塗装の3回塗りをせずに、2回で終わらず業者がいます。これは下塗りと、中塗り、上塗りの色が同じだと我々素人では見ぬくことができません。

ある部分は3回でも、他は2回しか塗っていない可能性もありますよね。

見積りをとる重要性は前に述べましたが、とにかく見積りは詳細を書いてもらうようにしましょう。

→ 必見!外壁塗装の見積り注意点

希釈率を守らず塗料を薄めて使う

メーカーの塗料には、希釈率という塗料を薄めて使う規定値を設定しています。これは塗料や壁面の材質、仕上げ具合など細かく決まっているのですが、ここを無視して薄めて塗料を使います。薄めて使うのでサラサラと塗ることができ、短時間で塗ることが可能になります。

業者側にとって工期は短くなるので人件費と塗料を浮かすことができるのです。

→ 悪徳業者は希釈を利用する

 充分な乾燥をせずに重ね塗りを行う

外壁塗装は 下塗り、中塗り、上塗り(仕上げ塗装)と3回塗りが基本です。それぞれしっかりと乾燥してから塗るのが普通です。これを表面が乾いたからと言って次の塗装をする業者がいます。きちんと乾かさないと、壁面と塗料が接着しないので、耐用年数が来る前に塗装が剥がれてしまいます。

悪徳業者に共通するポイントは工期を短くしようとしている所です。実は材料費を誤魔化すよりも工期を短くした方がずっとお金を浮かすことができます。

もちろん材料費を安くしようとする方法も使ってきますが、人件費を少なくし、他の工事を次々とこなすことで利益が多くなるんですね。素人は作業内容を把握していないので工期を誤魔化しやすいのです。

詳細を記載した見積りを取り、上記にあげたポイントを把握し作業前と作業後の写真を部分ごとに撮影、提出を契約し徹底しましょう。

利用することで数十万のお金が浮く可能性があります!

私が利用したのは優良外壁業者から一括見積が取れる「 外壁塗装駆け込み寺」です。
絞り込んだ全国500の優良業者から複数の見積もりをもらうことができるので、自分の時間を使わずに納得した上で外壁塗装が依頼できます。

業者によっては数十万から百数十万の差がでますから使わないと損ですよ。
もちろん、利用は無料で外壁塗装の相場も教えてくれます。
わからないことはオペレーターに確認できるので、本当に助かりますよ。

>> このサービスなら納得できる業者がみつかります!

私が実際に220万円の外壁塗装料金を90万円にした経緯を下記に記載しました。外壁塗装駆け込み寺がどのようなサービスなのか知りたい方におすすめです。

>> 外壁費用が130万円安くなった体験談はこちら