外壁塗装で失敗しない為にこれだけは知ってほしい

口コミ正しい?

外壁塗装で失敗しない為に、これだけは知ってほしいことがあります。

それは、口コミには限界があると言うことです。

調べられる口コミには限界があります。それは量や質ともにです。
Aさんが言っていることがあなたに当てはまるとは限りません。Bさんは良いと言っていてもあなたの家に合わないかもしれません。なによりも担当者が気に入らないかもしれません。

当サイトでは、口コミ情報を載せています。ですが全てを網羅出来ません。(事情は後ほど)
業者がボッタクリをしていても、ある人は十分に満足しているので文句を書かなかった可能性もあります。とても綺麗な外壁塗装をしたのに、全然ダメだと良くない印象を持ってしまう人もいます。

全ての人が満足することはないのです。
ですが、実はもっと深刻な事情があります・・・。

一番の問題は情報を操作する人がいるから

そうです。情報を操作している人がいるのです。

これは、主に業者(会社)が自社に都合の悪い情報を隠すために、社員に良い口コミを書かせることをします。偽りの良い口コミで悪い本当の口コミの濃度を薄くしてしまうのです。
逆に良い口コミで溢れている会社に、ライバル会社が悪い口コミを書く場合もあるでしょう。

実際にそんな非常識な行動を取らず、マジメに工事をしている業者もあります。地域性によっても違うでしょう。ですが私達素人にはそれを判断する術が限られているのです。

仮に口コミサイトで、悪い口コミを書かれていたA社とB社があったとします。
こうなるとA社にもB社にも依頼はしませんよね。次に選ぶC社とD社が良いかどうかは、どうやって判断しますか?

自社サイトを見ても、A社、B社、C社、D社それぞれ良い情報を書いています。C社とD社は、良い口コミが多いくらいです。

こうなると疑心暗鬼になっているので、どの業者が良いか判断しかねます。若干C社、D社が良いかもしれないと言う漠然とした気持ちであって、情報を元に判断できませんよね。

ではどうすれば良いのでしょうか?

第三者の立場を貫くプロの意見を参考にする

信頼できる情報

私達が調べられる情報には限界があります。

これを打破するには、業者側ではなく、私達顧客の意見を尊重してくれる第三者の意見を聞く必要があります。業界のプロであれば、悪徳業者と優良業者の情報も手にしています。

このプロの情報と信頼できる工事見積りを収集できるのが「外壁塗装駆け込み寺」です。

悪徳業者が顧客を騙し続けると、外壁塗装業界のイメージダウンとなり売上が下がります。悪徳業者には仕事を回さず、優良業者に仕事を回すことで私達顧客も満足できますし、業界の健全化、好循環を生むのです。

「外壁塗装駆け込み寺」は顧客の立場に立つプロなので、疑問点や不安、料金から、施工内容まで細かく確認することができるので、利用しない手はありません。ネット掲示板では分からなかった情報を手に入れれるのでおすすめです!

→ 厳選した優良業者の中から見積りと情報収集ができます