外壁塗装を自分でやってはいけないの?

自分で塗装

外壁塗装を自分でやってはいけないのでしょうか?
これは、「結論から言うとやらない方がいい」です。

自分で外壁塗装をするのは、言ってみれば日曜大工のようなものです。かなりの技術をもった方も中にはいると思いますが、どうしても素人の仕上がりになってしまうのです。その理由は4点あります。

  • 一人で家の壁面を塗るのは至難の業
  • ホームセンターのペンキは家庭用
  • 使う道具の違いで塗りに差が出る
  • 細部の仕上げの脆さ

 一人で壁面を塗るのは至難の業です

脚立外壁塗装を行う場合、普通職人は少なくても3人はいます。そして、安全と効率を考えて足場を組みますよね。ところが私達素人が行う場合は、脚立を壁に立てかけて順番に塗っていくことになります。

これが想像以上につらい作業なんです。腕を上下左右に動かす動作はとても体力を必要とし、デスクワークしかしていない場合は体がボロボロになるでしょう。

その上、脚立を使った作業です。一部分を塗ってから地上に降りて、ずらしてまた塗る。これを何百回と繰り返します。

しかも本格的に塗るならば3回塗らなくてはいけません。大抵の人は3回塗る前に疲れてしまい、多くても2度塗りで終えてしまいます。

ホームセンターのペンキは家庭用

ホームセンターで売っているペンキはそのほとんどが家庭用です。日曜大工(DIY)で使うために安全性を考慮しています。業務用は仕上がりの美しさ、耐久性を重視した製品となっていますが、家庭用は2,3年程度で耐用年数が切れてしまいます。

素人技術で塗るため、3年保つのも厳しいでしょう。家庭用は安全性を考慮した結果、水性塗料が主流です。場所や材質によって水性、油性を使うプロとはここでも違ってきます。

使う道具の違いで塗りに差が出る

道具の違い先ほども出ましたが、足場も道具の一つです。直接使う道具ではありませんが、脚立で塗るよりも安全で、作業もずっと早く進みます。

そして刷毛(ローラー)もプロの物は違います。

一見何も変わらない刷毛ですが、塗ると毛が抜けてしまい塗装面に貼り付き綺麗になりません。また材質が違うので、塗った部分に筋が残り綺麗に仕上がらないのです。

細部の仕上げの脆さ

ベランダの床や窓枠部分の塗装は、塗る面積が少ないために自分で塗る人が多いです。ですが、家庭用の水性塗料で塗ってしまうと綺麗になのはその年だけで、すぐに塗料が剥がれ落ち、見た目が非常に汚くなるのです。

しかも、家庭用塗料で塗った業務用の塗料を上塗りすることはできません。プラモデルを作ったことがある人はわかると思いますが、水性塗料の上から油性塗料は塗れません。厳密に言えば塗れますが、すぐに塗装が溶けたり剥がれたりするのです。

つまり、自分で塗って失敗したので、プロにお願いしようとしても、余計な作業がはいるので、お金が高くなってしまうのです。

外壁塗装を自分で仕上げた方が安いと思うのはわかります。

ですがこれから 10年、20年と生活していくことを考えると、信頼できる外壁塗装の業者に依頼するのが一番なのですね。

利用することで数十万のお金が浮く可能性があります!

私が利用したのは優良外壁業者から一括見積が取れる「 外壁塗装駆け込み寺」です。
絞り込んだ全国500の優良業者から複数の見積もりをもらうことができるので、自分の時間を使わずに納得した上で外壁塗装が依頼できます。

業者によっては数十万から百数十万の差がでますから使わないと損ですよ。
もちろん、利用は無料で外壁塗装の相場も教えてくれます。
わからないことはオペレーターに確認できるので、本当に助かりますよ。

>> このサービスなら納得できる業者がみつかります!

私が実際に220万円の外壁塗装料金を90万円にした経緯を下記に記載しました。外壁塗装駆け込み寺がどのようなサービスなのか知りたい方におすすめです。

>> 外壁費用が130万円安くなった体験談はこちら